群馬大学筆記試験

(問題持ち帰り可)


日程

筆記試験 2000年8月20日(日)
「小論文I」 11:00-12:30
「小論文II」 13:30-15:00
会場 群馬大学医学部医学科試験場

筆記試験合格者発表 2000年8月28日(月)10時
受験者 151名
合格者 48名


「小論文I」

出典 ES細胞 大朏博善著 文春新書(2000)
【問A】通常の幹細胞とES細胞の相違を75字以内で説明しなさい。
【問B】エバンスとカウフマンの実験から得られたES細胞の特徴を2つ、それぞれ50字以内で書きなさい。
【問C】本文から得られた情報をもとに、「胚盤胞」を枠内に図解しなさい。
【問D】将来のES細胞研究発展に伴って考えられるES細胞の応用と危険性について100字以内で書きなさい。


「小論文II」

出典 Born J. et al., Nature, 397: 29, (1999)
【問A】下線部Aを日本語に訳しなさい。
【問B】この実験方法を具体的に330字以内で説明しなさい。
【問C】'short sleep', 'long sleep', 'surprise' の各条件におけるplasma中の adenocorticotropin の変動について150字以内で説明しなさい。
【問D】'short sleep', 'long sleep', 'surprise' の各条件における「睡眠の質」の差異について60字以内で説明しなさい。
【問E】本実験の結果に対する疑問点または著者らの解釈に対する異論としてどのようなことがあるか。300字以内で自分の考えを加えて説明しなさい。
【問F】本実験からどのようなことが推論できるか。90字以内で説明しなさい。


「感想」

群大の「小論文」試験は、小論文を書かせる試験ではなく、小論文読解試験である。すなわち、国語と英語の試験である。とはいえ、今回は扱う内容がモロ生物学だったので、専門外の人には少々不利だったかもしれない。まぁ、医学部入試なので仕方ないだろう。もちろん、直接知識がなくても、論文を読む力があれば解ける問題ではあった。


Back