合格者アンケート

最終更新日 2001年5月17日


生年:1976年 

コース:B  受験回数: 1回

併願校: 千葉大学 (2次試験不合格)

略歴:

私立中高一貫校卒業

国立大学理学部 (生物系)卒業

国立大学大学院理学研究科(生物系)修士課程終了

一次試験の予想正答率:

英語: 80% 論文: 50% 生物: 80%  化学: 65% 総合: ?%

面接での所要時間:6分

面接で聞かれたこと:

学士入学試験について問題になったこと:

医学系の博士課程に進学するかどうか迷った。また落ちたときに進学するか、浪人するか、さらには一般入試を受けるかどうか。

各科目の勉強方法:

英語 

「英語で学ぶ生物学」 (コロナ社) 通読 。問題は英作文のみ解いた。

Scientific American, Nature, Science のonlineで見られるもの。試験の1週間前ぐらいから。TotalでA4で20枚ぐらい読んだ。けれど専門的な英単語の知識の不足を感じたため、もっと早くからやっておけば良かったと後悔した。

大学院入試(生物系の研究科)の過去問

化学

有機

「ボルハルトショアー 現代有機化学(上・下)」 (化学同人)2回ほど通読。各章末の反応のまとめでチェック。名前がついている反応を暗記した。

「演習有機化学」 (サイエンス社) 一度通してやり(3日間で)、難しそうなところ(後半)はもう一度(試験の2-3日前に)。

「ヴォート 生化学」 (東京化学同人) アミノ酸20種、塩基の構造、エドマン分解を暗記。

無機

「基本無機化学」(東京化学同人) 通読。ポイントは絞って覚えようと努力はした。

「無機・分析化学演習」(東京化学同人) 関係がありそうなところは問題演習もやった。

物理化学

「バーロー 生命科学のための物理化学」 (東京化学同人)

「演習物理化学」(サイエンス社)  熱力学のところ(はじめの2-3章)のみ。

「量子化学」 (東京化学同人)  1回通して読んだだけ。身につかず。

「有機化学演習」(駿台文庫、大学受験向け) 物質名、構造、反応を暗記。

「解明 新化学」 (文英堂、大学受験向け)出てくる物質はなるべく覚えるようにした。

生物

「細胞の分子生物学」(教育社)院試のときに一度読んであり、今回もう一度流し読み。神経筋伝達のところをとくに参照。

「からだと免役のしくみ」 (日本実業出版社) 免疫学の先生お薦めの本。免疫はこれ一冊で十分だった。

「医学を学ぶための生物学」 (南江堂)医学部が考える 「教養レベルの生物学」 とはどれぐらいのものなのかを知るために購入。セカンドメッセンジャー、細胞分裂の流れ、ホルモン、神経系を暗記。

総合

生物、化学は過去問の出題傾向を分析して暗記も厭わずやったが、ヤマはことごとく外れた。量子化学はがんばってもできるようにならないだろうと思って無機に力を入れたが、結果は散々だった。

 

受験生に贈るメッセージ:

 


Back