FAQ


Q
平成12年度の問題集とそれ以前(5年分)の過去問はまだ購入可能でしょうか?

A
こちらにも記述があります通り、販売業務は終了したそうです。


Q
受験資格について教えてください。
(現在大学2年生です、外国の大学を卒業しました、学部卒ですがB選抜志望です・・・などで受験資格の有無が不明な場合)

A
大阪大学医学部教務第一掛にお問い合わせになってください。
年度によって異なる可能性があります。


Q
必要単位数について教えてください。

A
大阪大学医学部教務第一掛にお問い合わせになってください。
年度によって異なる可能性があります。


Q
単位数が足りない場合はどうしたらいいでしょうか。

A
在学中の方は新しく履修して単位をそろえることができますが、既卒者は放送大学を利用して単位をそろえることができると思います(合格者に経験者あり)。
また、例えば語学の単位が足りない時などで、他の科目で語学学習と関連の強い科目があれば(たとえば英語論文読解など)、その科目を語学の単位として認定してもらえる場合があります(合格者に経験者あり)。
いずれにせよ、大阪大学医学部教務第一掛にお問い合わせになってください。


Q
B選抜の合格者が臨床医を希望することは可能なのでしょうか?

A
学生の立場としては正式なコメントをすることができませんが、先生のコメントを拝借すると、「MD-PhDコース卒業後の進路は自由」とのことで、臨床医への道も開かれていると考えていいと思います。
B選抜すなわちMD-PhDコースを作られた先生の思惑については
細胞工学Vol.20 No.8 2001年8月号
に記事がありますので、ご覧になって下さい。
要約すると、医師の資格を持ち、ベッドサイドのことがわかる研究者を育てたいということです。
どのような形にせよ、臨床と研究の両方に関わっていく医師になることが望まれており、研究に興味のない方はA選抜で受験されたほうがいいように思います。

阪大医学部のサイトに公式コメントが出ていますので以下にリンクしておきます。(2003/6/19)
MD・PhDプログラムについて


Back